保湿でデリケートゾーンの黒ずみが治る?正しい保湿ケア方法

本当に保湿をするだけでデリケートゾーンの黒ずみを治すことができるのでしょうか?
デリケートゾーンを保湿するという方法自体にピンと来ないという女性もいるのではないでしょうか?

デリケートゾーンの保湿には何を使う?

デリケートゾーンの保湿に向いているアイテム

デリケートゾーンを保湿することで黒ずみをケアすることができるとは言っても、いったい何を使って保湿をすればいいの?と疑問に思う女性も多いのではないでしょうか。デリケートゾーンは名前の通り、非常にデリケートな場所であることから、なんでも使ってOKというわけではなく、アイテムによっては皮膚トラブルなどの原因になる可能性もあります。デリケートゾーンにおすすめの保湿アイテムは以下の通りです。

保湿アイテム 特徴 かかる費用
ワセリン 角質層まで浸透することなく、肌の表面にとどまって皮膚の保護膜の代わりになったり、外部からの刺激から皮膚を守る。デリケートゾーンに使用する際は、純度の高い白色ワセリンがおすすめ。 500gで600円前後
馬油 人間の角質層の細胞間脂質に近い自然な油脂が馬油。馬油は人間の皮膚と非常に相性がよく、馬油に含まれる馬セラミドが皮膚の角質層まで浸透して保湿できる。完全な自然由来の成分であることから、安心して使える。 70mlで1 000円前後
ミネラルオイル 鉱物油を原料としているオイル。ワセリンと同じく皮膚へ浸透することはないが、皮膚の表面で膜を作って、外部からの刺激から皮膚を保護する。 100mlで800円前後

ニベアなどのクリームはダメなの?

保湿と言えば、あの青い缶に入っているニベアクリームをイメージする人も多いですよね。全身の保湿に使えることから、昔からあるものですが最近特に人気が再燃しています。価格も数百円程度で購入することができますし、スーパーやドラッグストア、コンビニなどで手軽に購入することができる保湿アイテムですが、デリケートゾーンの保湿にはおすすめできません。ニベアにもミネラルオイルやワセリンなどが配合されていますが、そのほかにも様々な成分が配合されていて、蒸れやすく、刺激に弱いデリケートゾーンの場合は、これらの成分が刺激になる皮膚トラブルに発展する可能性もあります。

デリケートゾーンに使用する保湿アイテムは、できるだけ天然由来の成分で、肌に優しいものを使用しましょう。

保湿でデリケートゾーンの黒ずみをケアして治すことができるのか?

保湿は黒ずみの予防に向いているケア!!

保湿でのケアでデリケートゾーンの黒ずみが治るかという疑問に対する答えは、結論から言えば、すでにできてしまった黒ずみを解消するのは難しいと考えていいと思います。
というのも、保湿はあくまでも皮膚のバリア機能を高めて、外部刺激から皮膚を守り、メラニンの発生を抑えることができるだけだからです。つまり、保湿は黒ずみの予防としての効果の方が高く、すでにできてしまった黒ずみに関しては美白作用のある成分を使わなければ治すことはできないと考えることができます。
もちろん、保湿をしながらデリケートゾーンの黒ずみが治ったという話もありますが、生活習慣を整えたり、美白成分を取り入れたりするなど他のケアも取り入れたことで治った可能性もありますし、もし保湿だけで治ったとしてもとても長い期間がかかることになります。
保湿はあくまでもデリケートゾーンの黒ずみを予防する目的で取り入れて、黒ずみの改善は他の方法を取り入れるのがデリケートゾーンの黒ずみを治す近道になります。

デリケートゾーンの黒ずみと保湿ケアの関係

ポイント1:デリケートゾーンの黒ずみを予防するために保湿は欠かせない。
ポイント2:保湿をすることで皮膚のバリア機能を高め、刺激から皮膚を守ることができる。
ポイント3:ただし保湿だけで、既に出来てしまった黒ずみを治すのは難しい。